ブライアンについて (About Brian)

Brian senseiBrian Hooper

ア メリカ合衆国の中西部、ミシガン州デトロイトの生まれ育つ。子供の頃はスポーツと音楽に熱中、大学では声楽を専攻。その後、28年間ロサンジェルスで音楽 関係の 仕事に携わる。1997年にロサンジェルスで大学院在籍中のKatyと出会い、日本に移住する決断へと至る。2005年には日本に仕事を辞め、家も売却し 来日、そして結婚。現在はAELの講師として英語を教える傍ら、シンガーソングライター、キーボードプレーヤー、レコーディングエンジニアとしても活動。 ボイストレーニング、英 語歌詞の発音指導も得意分野。とにかく人好き、話し好き。知識、経験も豊富でしかも笑わせてくれる キャラのブライアン。誰もが口を揃えて言うのは「ブライアンの英語は聞きやすい!」ということ。思いやりがあり紳士的、加えてひょうきん。子供からお年寄 りまで誰 にも愛されるブライアンです。

Brian からのごメッセージ

Students often ask me “What is the fast way to improve my English ability?” I understand the desire to quickly learn a language because I am studying Nihongo.
「英語を早く上達させる方法は何ですか」と生徒さんからよく聞かれます。私も日本語を勉強中なので、早く上達したいという気持ちはよくわかります。

Maybe not the “fast way” but the “best way” to improve your English ability, I think, is to use English whenever you can. Take advantage of every opportunity to speak English, whether it’s during your lesson, someone asking for directions, or any situation at work.
「早い上達法」ではないと思いますが、「最もよい方法」は機会があるごとにとにかく英語を使ってみることではないかと思います。レッスン中でも、道を尋ねられた時でも、あるいは職場でも、チャンスがあれば逃さないことです。

Never hesitate or decline taking the opportunity to use English. It’s OK if you make a mistake or if your grammar is not perfect.
英語を使うチャンスがあったら遠慮したり拒否したりしてはいけません。間違えたり、文法が完璧ではなくてもかまいません。

Communicating effectively is always more important than perfect grammar. I know that this is difficult to do because I feel the same hesitation in speaking Japanese, but I’m sure you’ll find that it’s much better to try than to be shy!
完璧な文法よりも、コミュニケーションが成功することが大切です。私も日本語を使う時に同じような気持ちで躊躇しますから、現実として難しいのはよくわかります。でもためらってばかりいないで、思い切って試してみるときっとよかったと思えるはずですよ。

ケイティについて (About Katy)


Katy (孝子)BCWP4957

沖 縄で生まれるも、10歳まで東京で育ったため沖縄方言はまったく話せない。高校を卒業後アメリカのメリーランド州にあるコミュニティカレッジに進学。帰国 後は日本で英語講師、日本語講師の仕事に携わる。語学を教えるうちに更に勉強したい欲望が増し、再び学業を再開。沖縄県の米軍基地内にあるメリーランド大 学でアジア研究の学士号を取得。フルブライト奨学金を得て、アイビーリーグのペンシルべニア大学で言語人類学修士号取得。さらにカリフォルニア大学 (UCLA)から奨学金と研究助手の仕事を得て発達心理学修士号および博士号を取得。その後はロサンジェルスの研究機関で研究員として、色々な国の学者や 研究者と共に国際的な研究活動に携わる。博士課
程在籍中にブライアンと出会い、2003年に帰国、会社を設立。英検面接試験官も務める。2005年に結 婚、現在は二人三脚でAELを運営。英検1級。大のワイン好きで最近は日本酒も勉強中。絵が得意でオリジナルのピクチャーカードも数多く製作。

Katy からのご挨拶

一 口に英語を学びたい、上達させたい、と言っても人それぞれ、色々なニーズと好みがあり、またレベルもさまざまです。 上達の鍵は自分に合った習得法を見つけることです。私自身、皆さんと同じように中学に入ってから英語を学び始めましたが、文法は嫌いで、殆ど頭に入ってい ませんでした。ただ、洋楽が好きで毎日ラジオで洋楽の流れる英語放送を聞いていたこと、そしてなぜか音読が好きで、暇さえあれば英語の教科書を音読してい たことがプラスになっていると思います。言語習得には臨界期があるといわれますが、それはネイティブレベルに到達するためのことです。普通のコミュニケー ションのためなら何歳からでも遅すぎることはありません。完璧な英語を話そうと思わず、身振り手振りもふんだんに入れ、知っている単語を並べれば結構通じ るものです。

Share This